リスクを軽減できる

アルバイトなどの非正規雇用から直接の正規雇用が増えています。

コールセンターの求人はこれまでアルバイトなどの非正規での募集が多かったです。その理由として企業ではコールセンターに重点置かなかったという傾向がありましが、近年ではこの傾向は一変し、多くの人材を求めています。元々人材の入れ替わりが激しい仕事ということもあり、人材の確保のために雇用の安定化を進めています。特に派遣会社が行う紹介予定派遣を重視しています。紹介予定派遣を利用するメリットは、一定期間を派遣社員として勤務してもらうことでコールセンターで働く能力があるかどうかを見極めることができます。その後、求職者が望むのであれば、採用することができるので、企業は採用のリスクを軽減することができます。求職者も実際の現場を見てから就職できるとして活用が広がっています。

人材の需要や雇用条件の改善により、求人や求職者が増えると予測されます。

今後の動向として、コールセンターの求人は多くなると予測できます。多くの企業でコールセンターは顧客の需要の把握やアフターサービスの充実の一つとして重要視しています。このため、これまで委託していたコールセンターを自社で運営するケースが増えており、これに伴い求人が増えています。また、雇用条件も改善傾向があり、今後より雇用条件が良くなると考えられます。これまで比較的、コールセンターの求人は給与や福利厚生、雇用形態が一般職に比べると下の傾向がありました。しかし、近年では正社員化や福利厚生の充実など働きやすい環境が整っています。特に、女性が活躍しやすい職種として注目されているため、今後も求人は増えると予測できます。